セルライト除去を最短攻略するTOP>セルライトの基礎知識>食事でセルライト除去する

セルライトを減らす食事

本当なら献立まで当サイトで提案して、
どういった食事をすれば、セルライトを減らせるのか紹介しようと思いましたが、
とりあえず今回はセルライトを減らすための基礎的な食事の考え方について
紹介していきます。献立については、また別の機会で紹介していきます。

食物繊維の比率を意識する

食物繊維の食べ物といえば、玄米、納豆、ごぼうなど身体に良いものが沢山あります。
しかし、食物繊維をただ摂取すればよいというわけではありません。

食物繊維には水溶性と不溶性というものがあり、
この比率を1対1にすることが重要です。
水溶性の食物繊維なかり食べると、甲状腺の病気やバセドー病の原因になりますし、
逆に不溶性のものばかりだと、便秘になることがあります。
以下のそれぞれの代表的な食べ物を紹介致しますので、是非参考にして下さい。

水溶性:海藻、納豆、やまいも、こんにゃくなど
不溶性:玄米、ごぼう、レタス、小麦など

殻類・豆類・動物性たんぱく質の3種類を同時に取る

この3種類を同時に摂取することで、アミノ酸のバランスが整い、
筋肉の質を高め、身体を引き締めたり、脂肪を燃焼しやすくしたりしてくれます。

1口50回以上噛む癖を付ける

一般的には30回といわれていますが、50回は目指してほしいと思います。
噛む回数が少ないと、お腹にガスが溜まり、
女性器を圧迫し皮膚が圧迫され、皮下組織の効果、
つまりセルライトに繋がります。

就寝2時間前は食事をしない

夜食べると太るといわれていますが、
それは朝食べると消費され、夜食べたものは身体に蓄積されるという
サーカディアンリズムの影響を受けるからです。
しかも寝る前に食べると胃に負担がかかり決して良い事ではありません。


セルライトを作る食事

今度は逆にどういった食事をすればセルライトを作るのか
紹介します。今のセルライトを除去することも大切ですが、
これからセルライトを作らない事も大切です。

甘いもの・乳製品・卵・脂っこいもの・高たんぱく質の食品をさける

これらのものはセルライトを作る大きな原因になります。
特に皆さんが驚かれているのは、乳製品だと思います。
乳製品は身体によいと思われていますが、
摂りすぎるとプロラクチンというホルモンが多くなります。
そうすると、生理前にバストが張ったり、
排卵しにくくなったりするトラブルの原因になります。
どれもそうですが、乳製品は少量の摂取で十分です。

ジャンクフード・お惣菜

糖質や脂質を過剰に摂るとセルライトの原因にあんりますし、
それ以上に危険なのは添加物。
お惣菜のラベルに入っている添加物が書かれていますが、
それが全てではありません。

中には表示義務の必要ないものを入っていますので、
実は惣菜系は注意が必要です。

香辛料・カフェイン

香辛料の唐辛子などは身体を温める効果があると思われていますが、
それは一時的なことで、実は身体を冷やす食べ物です。
現に香辛料をよく摂るの温かい国の方達です。

、また、カフェインに関しても貧血や不眠症の原因になり、
それらの症状は、脂肪の代謝にもマイナスに働きます。

炭水化物

炭水化物を抜いておこなう過剰なダイエットはよくありませんが、
セルライトの多い方は炭水化物を多く摂取する傾向にあります。
完璧に抜く必要はありませんが、
炭水化物の摂り過ぎは脂肪になりセルライトの原因になります。

果物

果糖のとりずぎは、肥満はもちろんのこと、
多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)の 原因にもなり女性器に大きな負担を与えてしまいます。
目安とすればみかん1日1個くらいで十分でしょう。

次のページエステでセルライト除去をする

ベルルミエール
短期間でセルライト除去
第2位 スリムビューティハウス
立地の良さと低価格お試し

第3位 エルセーヌ
安定感と低価格のお試し

レッグ&スタイル
自宅で下半身セルイト除去
第2位 BBジェル
効果抜群のセルライトジェル

第3位 ビーグレン
ハリと引き締め効果