セルライト除去を最短攻略するTOP>セルライトの基礎知識>何故セルライトが出来るの?

何故セルライトは出来るのか?

このページではセルライトは体内でどのような状態で
どうしてセルライトが発生してしまうかを紹介していきます。

エステなどで専門家の指導の下セルライトを改善できれば
絶対に知らなければいけない知識ではありませんが、
自分一人でセルライト除去する人は是非理解して下さい。
その方が効果的にセルライトを改善していけます。

下半身に脂肪を貯め込みやすい女性特有のセルライト症状

下半身に貯まる脂肪細胞

セルライトの話をする前にまずは脂肪について理解しなくてはいけません。

通常体外から摂取した糖質や脂肪で、消化しきれなかった分は、
体全身にある脂肪細胞に貯蔵されます。

体のどの部分に貯蔵されるかは、個人差によりますが、
女性の場合、腰回りやお尻、下半身に多く貯め込む特徴があります。

というのも、脂肪細胞には受容体(レセプター)といわれているものがあります。
この受容体は、「脂肪貯蔵受容体」と「脂肪放出受容体」の2種類があり、
脂肪を貯め込むのか、放出するのか指令を出す働きがあります。

そして脂肪を貯め込む脂肪貯蔵受容体が、女性は下半身の多く配置されているのです。
つまり、ダイエットしても上半身は痩せるけど、
下半身が痩せない下半身デブの状態になり
セルライトになっていきます。

ですから、セルライトを改善するためには、
まずは脂肪を放出しやすい状態にすることが必須なのです。

セルライトが発生する仕組み

血流の問題

セルライトが発生する仕組みは先ほどお話したように脂肪を放出しにくくなるからで、
脂肪を放出しにくくなるのは何らかの理由で脂肪組織が損傷してしまうからです。
具体的には以下の3つが考えられます。

■毛細血管の障害
■リンパ管の障害
■静脈の障害

脂肪がセルライトになってしまうのは、
ほとんどの場合こうした器官の障害による影響によるものです。

毛細血管の障害

毛細血管は、血液を通して脂肪細胞の代謝に必要な酸素や栄養素を運び込みますが、
毛細細胞に障害が起こると老廃物が排出されなくなります。
そうすると、血行が悪くなり脂肪の代謝が低下し、
脂肪が肥大化していってセルライトになるのです。

リンパ管の障害

人間の身体には血管の他にリンパ管というのが張り廻られています。
リンパ管の働きは各組織に貯まった老廃物を回収することです。

リンパ管の働きが悪くなると老廃物がたまる一方でセルライト症状がひどくなります。

ただ、このリンパ管はとてももろく、外からの圧力で簡単に潰れてしまいます。
リンパの流れが悪くなると、リンパ液に含まれるたんぱく質がリンパから分離して
リンパ液がどろどろになり太い繊維のようになります。

そしてどんどん流れてくるたんぱく質と重なり太い繊維がさらに太くなり、
脂肪も肥大化してセルライトになっていきます。

静脈の障害

静脈は心臓に向かって流れますので、流れが悪くなると重力に逆らえなくなり、
下半身で停滞してしまいます。停滞すると静脈血は老廃物と共に下半身に貯まり、
有害物質を放出しようとして、脂肪組織内のダメージが酷くなり、
セルライトができやすくなるのです。

セルライトが出来る直接的な原因

ここまでセルライトが出来る体の仕組みについてお話しましたが、
ここから何故セルライトが出来るのか直接的な原因についてお話します。

この原因を知り、改善する事が出来れば今以上にセルライトが酷くなることはありません。

糖質や脂肪などが多い物を摂取している

>スナック菓子や甘いお菓子、加工食品、アルコール摂などは脂肪を蓄積しやすく、
その結果、代謝が悪くなったり、
リンパの流れが悪くなったりしてセルライトができやすくなります。

出来るだけ、生野菜や新鮮なフルーツを多く摂取して下さい。
(フルーツも糖質は多いがセルライトには問題ない。もちろん過剰な摂取は良くない)

むくみによる影響

むくみというのは本来処理されなければいけない水分や
老廃物が排出されず組織内に貯まってしまっている状態です。

原因としては色々ありますが、塩分の取り過ぎ、添加物や甘味料の取り過ぎ、
たんぱく質不足、海藻や果物を摂取していないなどです。

むくみはセルライトに繋がりますので、すぐにでも解消したいとこです。

ホルモンバランスによる影響

女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは、
脂肪を蓄積させたり、むくみを発生させたります。

女性は妊娠やストレスなどでこうしたホルモンバランスが崩れ、
セルライトになってしまう事も多々あります。

喫煙やカフェインを過剰に摂取している

喫煙は毛細細胞にダメージを与えるだけではなく血管を収縮させて血流を悪くさせますし、
カフェインも同様に血管の収縮採用があります。

そのため、脂肪細胞に血液を通して栄養が行き渡らず、脂肪放出がしにくくなるのです。

運動不足

運動不足

運動不足になることで筋肉ポンプの働きが不十分になり、血流が悪くなり、
さらに脂肪も消費出来ません。

また、動かずに座っているだけだと、「毛細血管の障害」
「リンパ管の障害」「静脈の障害」になりやすく、セルライトが出来る大きな要因になります。

次のページセルライトが出来やすい場所

第1位 スリムビューティハウス
低価格でお試し

第2位 エルセーヌ
安定感と低価格のお試し

第3位 ソシエ
質の高いサービス

レッグ&スタイル
自宅で下半身セルイト除去
第2位 BBジェル
効果抜群のセルライトジェル

第3位 ビーグレン
ハリと引き締め効果